TEL:044-922-4847

〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸2578-1

9:00~12:00/14:00~18:30
休診日:水曜日午後、土曜日午後、日曜日、祝日

住所
にきび レーザー治療 ピアス

湿疹皮膚炎|川崎市多摩区、登戸・中野島の皮膚科|浅井皮膚科|にきび・シミ取り・ピアスなど

湿疹皮膚炎(アトピー性皮膚炎)

Blog Page
浅井皮膚科 Mobile Site
登戸・浅井皮膚科HOME»  湿疹皮膚炎(アトピー性皮膚炎)

湿疹皮膚炎は赤くてかゆみのある発疹を引き起こすさまざまな病気の総称です。アトピー性皮膚炎や接触皮膚炎、乾燥性皮膚炎や老人性皮膚掻痒症など様々な疾患が含まれます。
湿疹皮膚炎にはかゆみ、丘疹(皮膚が盛りあがる)、皮がむける、かさかさする、赤くなる、ブツブツがある、しみになる、水がたまる、膿疱(膿がたまる)、じくじくする、など様々な症状が見られます。

原因

湿疹皮膚炎の中でもアトピー性皮膚炎は非常に多く見られる病気の一つです。アトピー性皮膚炎の原因ははっきりとわかっていませんが、アレルギー的な側面と刺激物質の影響が考えられます。慢性で経過する病気で、アレルギー性の病気(喘息、花粉症、食物アレルギーなど)を持つ人にも多く発症します。遺伝的にアトピー体質をもっている人はアレルギーを起こしやすく、皮膚が乾燥しやすいという特徴があります。アトピー体質の方にはハウスダストやダニ、カビ、動物の毛などが原因でアレルギー反応が起こり、発症します。悪化させる要因には、感情的なストレス、気温や湿度の変化、細菌性の皮膚感染症、刺激を与える衣類や寝具との接触などがあります。乳児では、食物アレルギーがアトピー性皮膚炎を誘発することがあります。乾燥性皮膚炎や老人性皮膚掻痒症は皮膚の乾燥が原因ですが、生活習慣や環境も皮膚の乾燥も影響します。

治療法

代表的なアトピー性皮膚炎の治療法についてご紹介します。
当院では日本皮膚科学会のガイドラインに沿った治療法を行っています。また、アレルギー検査でアレルゲンの特定にも努めています。
その他、免疫抑制剤軟膏、ステロイド軟膏、保湿剤などの外用薬と抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤などの内服治療を行っています。
アトピー性皮膚炎や皮膚掻痒症など、ご希望の方には漢方治療も行っています。

予防方法

アトピー性皮膚炎については体質的な要因も多く、予防法というのは難しいのが現状です。
乾燥性皮膚炎や老人性皮膚掻痒症については乾燥を防ぐことが大切ですので、以下のような対策が考えられます。

入浴について

  • 1日に何度も入らない。又、熱い湯に長く入らない。
  • ナイロンタオルやブラシなどで身体を洗わない。
  • 硫黄系入浴剤入りのお風呂の入り過ぎに注意する。

暖房について

  • こたつや暖房のつけ過ぎは皮膚を乾燥させるので注意する。
  • 電気毛布は使わない。
  • 加湿器の使用。
PageTop